メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論プラス

安倍政権と沖縄 「敵視」姿勢の転換を=論説委員・平田崇浩

根底に本土の無理解

 「保守」と「革新」。最近はあまり聞かなくなった政治用語だが、9月の沖縄県知事選では安倍政権が保守対革新の構図に持ち込もうとして敗れた。勝ったのは、保・革の枠組みを超え、国からの基地押しつけに「ノー」の声をあげた人々。国と沖縄の対立が続く根底に、本土側の無理解が横たわっているように思えてならない。

この記事は有料記事です。

残り2723文字(全文2881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです