メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

野党、閣僚の資質追及へ 政府内も「答弁心配」

与野党国対委員長会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(中央右)と立憲民主党の辻元清美国対委員長(同左)ら=国会内で2018年10月17日午後1時、川田雅浩撮影

 24日に召集される臨時国会は、安倍晋三首相が、自民党総裁3選を受けた内閣改造・党役員人事で新体制を発足させてから初めて臨む国会となる。政府・与党は今年度補正予算案などを速やかに成立させ、「安全運転」で乗り切りたい考えだが、野党は入閣待機組から大量起用された閣僚の資質や、学校法人森友・加計学園問題などを追及し、政権を揺さぶる方針。来年の参院選をにらみ、対決色が強まりそうだ。【田辺佑介、小田中大】

 立憲民主党など野党5党1会派の国対委員長らは17日、国会内で会談し、結束して安倍政権を追及する方針…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです