メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

選挙後の報道充実を=南野森・九州大法学部教授

 このひと月の間に二つの大きな選挙があった。自民党総裁選と沖縄県知事選である。いずれも日本の将来に大きく影響する重要な選挙であるが、全国民が投票できるわけではない(前者は党員・党友のみ、後者は県民のみ)だけに、投票できない大多数の国民に対し問題をどう伝えるか、メディアの力量が問われた。

 総裁選では、自民党が新聞社などに「平等・公平」な報道を要請した。現職首相としてその言動が絶えず報道され、桜島を背景に出馬表明を全国に生中継してもらえる候補と、党所属国会議員の支持が圧倒的に少ない候補とでは、紙面の扱いを物理的に等しくすることが公平な報道に資するとは到底思えない。

 この点、毎日新聞9月6日朝刊の記事「自民の報道介入に識者から疑問の声」は、結論部分において、どう扱…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです