米中間選挙2018

対トランプ、割れる姿勢 共和党支持州 改選の民主上院議員

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】11月の米中間選挙では、2016年大統領選でトランプ大統領が圧勝した州から選出された2人の野党・民主党の上院議員が改選を迎える。トランプ氏が指名した保守派の最高裁判事ブレット・カバノー氏の本会議承認採決では、賛成と反対で2人の対応が割れた。トランプ政権への抱きつきか、抗戦か。どちらの姿勢が奏功するか注目される。

 カバノー氏承認を巡っては与党・共和党と民主党が激しく対立。6日の採決は賛成50、反対48の小差だった。

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文852文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集