メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ
ロボット競技会

社会で役立つロボ開発競う 技術革新へ、東京でプレ国際大会

子供部屋を模したスペースで、散らかったおもちゃを棚に片付ける競技に臨むロボット=東京都江東区で17日

 経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)主催の国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・チャレンジ(WRC)」が17日、東京ビッグサイトで始まった。「人とロボットが共生する社会の実現」をテーマに、高齢化や人手不足など社会課題の解決と産業競争力の強化を目指す国の「ロボット新戦略」に基づく初の催しだ。技術革新の起爆剤となるか注目される。【和田憲二】

この記事は有料記事です。

残り1024文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです