メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

象徴として

第3部 美智子さまの歩み/中 強い意志、自ら社会へ

 2017年7月1日、皇后さまは東京・高田馬場にある日本点字図書館を訪ね、出迎えたバイオリニスト、和波孝禧(たかよし)さん(73)に歩みよられた。右手を取ると「和波さん、美智子です。ごきげんよう」とあいさつした。

 和波さんは目が見えないため、皇后さまはいつも名乗ってから言葉をかける。図書館を訪れたのは、点訳した楽譜を共有する点字楽譜利用連絡会(点譜連)の集いに参加するためだった。点譜連は、皇后さまの支援をきっかけに誕生した。

 皇后さまは1999年8月、親交のある和波さん夫妻を住まいの皇居・御所に招いた。和やかにピアノを練習…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1193文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです