メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファシリティードッグ

病院に「常勤」、子供の闘病寄り添い 高齢犬、惜しまれ引退 「ありがとう」感謝の声 横浜

「引退式」を終え、会場を出るベイリーに抱きつく男児=横浜市南区の神奈川県立こども医療センターで2018年10月16日、宇多川はるか撮影

 入院中の病児に寄り添う日本初の「ファシリティードッグ」として、神奈川県立こども医療センター(横浜市)に「勤務」してきたゴールデンレトリバー「ベイリー」(10歳、雄)が高齢のため引退した。約9年、延べ約2万3000人の子供に関わり、感謝の声がたくさん寄せられた。【宇多川はるか】

 ファシリティードッグは「ハンドラー」と呼ばれる看護師ら医療従事者とペアでチームの一員として働く。日中は病院に常駐し、子供たちの手術室への移動に同行したり、添い寝したりする。

 16日に同センターで開かれた「引退式」には50人以上が参加。子供たちを代表してスピーチした横浜市の…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

  5. 「漫画村」投稿役に猶予判決「悪質な犯行だが、被告はまだ若い」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです