メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第4部 誰と食べる?/5 会話はおいしさの隠し味

たき火で料理を作る地元の高校生ら=東京都世田谷区で、宮武祐希撮影

 ●公園で一緒に作る

 日が暮れてあたりが暗くなった10月中旬の午後6時過ぎ。東京都世田谷区立羽根木公園内にある冒険遊び場「羽根木プレーパーク」に、地元の高校生らが次々と集まってきた。自分たちでメニューを決め、一緒に作って食べる「夕食会」の始まりだ。中学生以上が対象で、毎月第2土曜日の午後6~9時に開かれる。この日は高校生6人と20代の会社員3人の計9人が集まった。

 世田谷区は区内4カ所にプレーパークを設置し、委託を受けたNPO法人「プレーパークせたがや」が運営している。夕食会は子どもたちと一緒に遊んだり地域のコーディネート役を担ったりする常駐の「プレーワーカー」も参加する。

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1740文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです