メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第4部 誰と食べる?/5 会話はおいしさの隠し味

たき火で料理を作る地元の高校生ら=東京都世田谷区で、宮武祐希撮影

 ●公園で一緒に作る

 日が暮れてあたりが暗くなった10月中旬の午後6時過ぎ。東京都世田谷区立羽根木公園内にある冒険遊び場「羽根木プレーパーク」に、地元の高校生らが次々と集まってきた。自分たちでメニューを決め、一緒に作って食べる「夕食会」の始まりだ。中学生以上が対象で、毎月第2土曜日の午後6~9時に開かれる。この日は高校生6人と20代の会社員3人の計9人が集まった。

 世田谷区は区内4カ所にプレーパークを設置し、委託を受けたNPO法人「プレーパークせたがや」が運営し…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1740文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです