メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

汚染処理水の処分混迷 福島第1原発廃炉の足かせに

福島第1原発の汚染水処理の流れ

 東京電力福島第1原発では、放射性汚染水を浄化した処理水をためるタンクが増え続け、廃炉作業の足かせとなっている。この夏、東電が「除去できる」と説明してきた放射性物質が処理水に残っていることが発覚し、処理水の処分方法を巡る議論は混迷を深める。【鈴木理之】

 ●タンクに89万トン

 事故から7年半がたった敷地内には、高さ10メートル以上の巨大なタンクがあちこちに林立する。その数は約900基。ためられているのは、放射性汚染水から大部分の放射性物質を除去した処理水で、総量は89万トンに上る。

 2011年3月の事故で、1~3号機は原子炉内の冷却水を失った。核燃料は炉心溶融(メルトダウン)し、…

この記事は有料記事です。

残り1440文字(全文1732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 名古屋 車庫に男性遺体 パチンコ台メーカー社長

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです