メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

セCSファイナルステージ 広島6-1巨人 鈴木特大弾、コイ快勝

【広島-巨人】四回裏広島無死一塁、鈴木が左越え2点本塁打を放ち、ベンチで祝福されるマツダスタジアムで2018年10月17日、小出洋平撮影

 ▽第1戦 マツダスタジアム(広島2勝)

巨人 000001000=1

広島 10030011×=6

 <勝>大瀬良   1勝

 <敗>メルセデス 1敗

 ※広島に1勝のアドバンテージ

 投打がかみ合った広島が快勝。1点リードの四回に鈴木の2ランなどで3点を加え、七回には丸のソロで加点した。大瀬良は緩急を生かし6回1失点の好投。継投陣も危なげなかった。巨人は先発メルセデスの制球が甘く、打線も沈黙した。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1464文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満
  5. 青春がしたかった いじめ対策の課題/上 「大丈夫」と去った息子 母「誰も自殺見抜けぬ」 /青森

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです