メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東都大学野球

秋季リーグ 東洋大・上茶谷、8回2失点

8回4安打2失点の好投を見せた東洋大の上茶谷

 (17日・神宮)

 第7週の2回戦3試合を行った。いずれも自力優勝の可能性を残す東洋大と国学大の一戦は、東洋大の上茶谷(4年・京都学園)が8回2失点の好投で競り勝ち、1勝1敗。立正大は中大に連勝し、勝ち点を3に伸ばした。亜大は駒大を降し、1勝1敗とした。

 崖っ縁でエースが踏ん張った。負ければ優勝の可能性が消える東洋大は、右腕・上茶谷が尻上がりに調子を上げ、8回4安打2失点の力投。4季連続Vへ望みをつないだ。

 同点の七回、先頭から二飛、左飛と簡単に2死を取った。最後は初球のカットボールを打たせて一ゴロ。わずか10球で3者凡退に打ち取ると、直後に味方が勝ち越した。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  2. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです