メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古撤回

防衛省が対抗措置 一時執行停止申し立て

辺野古の埋め立て承認撤回への対抗措置を説明する岩屋毅防衛相=防衛省で17日、根岸基弘撮影

 防衛省は17日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、沖縄県による埋め立て承認撤回に対抗し、行政不服審査法に基づき県の撤回処分を不服とする審査請求を国土交通相に行った。審査請求の裁決が出るまで、撤回の効力を一時的に止める執行停止も申し立てた。請求や執行停止が認められれば、政府は工事再開に踏み切る構えだ。これに対し、移設反対を掲げて9月30日の知事選で当選した玉城デニー知事は、民意を踏みにじると猛反発しており、国と県との対立激化は避けられない情勢だ。

 移設工事の事業主体の沖縄防衛局が17日午後、石井啓一国交相宛てに申し立て文書を提出した。岩屋毅防衛…

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです