メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

臨時国会

政府・与党は安全運転で 野党、閣僚資質追及へ

 24日に召集される臨時国会は、安倍晋三首相が、自民党総裁3選を受けた内閣改造・党役員人事で新体制を発足させてから初めて臨む国会となる。政府・与党は今年度補正予算案などを速やかに成立させ、「安全運転」で乗り切りたい考えだが、野党は入閣待機組から大量起用された閣僚の資質や、学校法人森友・加計学園問題などを追及し、政権を揺さぶる方針。来年の参院選をにらみ、対決色が強まりそうだ。【田辺佑介、小田中大】

 立憲民主党など野党5党1会派の国対委員長らは17日、国会内で会談し、結束して安倍政権を追及する方針を確認した。国民民主党の原口一博国対委員長は記者団に「安倍内閣は国民の安心安全を守るに足る内閣か。閣僚の資質についても説明責任を果たすべきだ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1019文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 男性を刺し殺そうとした疑い 元交際相手と父親を逮捕 父は自ら首切り死亡 宮城

  3. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  4. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  5. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです