メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メガ銀

異業種と拠点、共同開発広がる

ブルーラボでベンチャー企業や銀行の担当者が意見を出し合う=東京都港区で、古屋敷尚子撮影

 メガバンクが異業種や同業他社と集まる拠点を開設し、共同で商品・サービスを開発する試みが軌道に乗ってきた。これまで閉鎖的とされてきた銀行業界だが、金融とIT(情報技術)が融合した「フィンテック」分野の競争が激しくなる中、他社の人材や技術を活用し、生き残りを図ろうとしている。

 「他行やシステム会社から来た人と一緒に取り組むことで、行内だけでは出なかった発想が生まれている」。2016年、素材メーカーを辞め、みずほ銀行に転職した白河龍弥さん(34)は手応えを語る。みずほ銀は昨年6月、ITを活用して銀行業務を効率化させることを主な目的に新会社「ブルーラボ」(東京都港区)を設立。みずほの他、ITベンチャーや地銀など約30社から集まった約80人が働いている。

 白河さんがリーダーを務める12人のグループは、クレジットカード作成時に銀行に届けられる書類を、自動…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです