講談社

「風疹」漫画配信サイトで無料公開

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
漫画「コウノドリ」の一場面。風疹の拡大防止にワクチン接種が有効だということを伝えている=講談社提供
漫画「コウノドリ」の一場面。風疹の拡大防止にワクチン接種が有効だということを伝えている=講談社提供

 今年の患者数が1000人を超える流行になっている風疹が妊婦や胎児に及ぼす影響を知ってもらおうと、講談社が週刊漫画誌「モーニング」の人気連載「コウノドリ」で風疹をテーマにした3話分を、漫画配信サイト「コミックDAYS」(https://comic-days.com/)とスマートフォンアプリで、24日まで無料公開している。

 コウノドリは、産婦人科医を主人公に、妊娠や出産を巡る医療現場を描く作品。妊婦が風疹に感染すると、胎児が「先天性風疹症候群」を発症し、目や耳、心臓などに障害が出る恐れがある。風疹を取り上げた3話には、同症候群のために生まれつき目が見えず心臓に疾患のある女の子や、妻の妊娠が判明したことをきっかけにワクチン接種の重要性を知る夫が登場する。

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文435文字)

あわせて読みたい

ニュース特集