メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

「優勝で新人王卒業、うれしい」藤井七段

 圧倒的な強さだった。関西将棋会館(大阪市)で17日にあった若手棋士の登竜門、第49期新人王戦決勝三番勝負第2局に勝利し、優勝を遂げた藤井聡太七段(16)。あまりのスピード昇段ゆえ、2度目にして最後の出場になったが、全くプレッシャーを感じさせない快勝。藤井七段は「最後のチャンスだったので優勝という形で卒業できたのはとてもうれしく思います」と、いつものように静かに喜びを語った。

 午前10時に始まった対局は藤井の先手番で、序盤で互いの角を交換する「角換わり」と呼ばれる戦いになっ…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文643文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです