メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東電公判

津波試算「公表考えず」 武藤元副社長

東京電力の武藤栄元副社長=竹内紀臣撮影

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された旧経営陣3人の公判は17日、前日に続いて東京地裁(永渕健一裁判長)で武藤栄元副社長(68)の被告人質問が行われた。武藤元副社長は、東日本大震災の3年前に社内試算した「最大15.7メートル」の想定津波について「根拠がなく社外公表は考えなかった」と述べ、現実味がなかったとの考えを示した。

 これまでの公判で、武藤元副社長は2008年6月に第1原発への想定津波について部下から報告を受けたも…

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 羽生SP97.43で2位 首位チェンは自己ベスト110.38 GPファイナル

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 羽生、大技で巻き返しか 3大会ぶり奪還狙う ファイナル2位発進

  5. 「側近もあぜん」首脳らヒソヒソ 動画にキレた? トランプ氏会見キャンセル、帰国

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです