メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外拳銃強奪 男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
特集ワイド

枝野氏は「ポスト安倍」か 「民主党の傷」いまだ 「数合わせより政策」吉と出れば

「遠くない将来」の政権奪取への意欲を語る枝野氏=JR大宮駅前で2018年10月13日、宮間俊樹撮影

 安倍晋三首相の「最後の任期」がスタートしたことで、ちまたでは「ポスト安倍」が話題だ。ライバルの石破茂氏や閣僚経験者らの名前が取りざたされるが、野党第1党である立憲民主党の党首、枝野幸男代表(54)も名乗りを上げた。果たして勝算はあるのか。【奥村隆】

 枝野氏が首相になるわけがない、と決め付けることなかれ。本人は至って本気だ。13日午後、JR大宮駅(さいたま市)の駅前ではこう語っていた。

 「1人で記者会見して結党の旗を立て、わずか20日で小さいながらも最大野党の立場を与えていただきまし…

この記事は有料記事です。

残り3507文字(全文3751文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. ORICON NEWS 堤真一、主演映画の観客の少なさに嘆き 事務所社長から報告「10人だったみたいで…」
  5. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです