メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 決め手G1級、ブラストワンピース (日曜競馬)

京都11R・菊花賞(3歳・G1)

 例年、春の実績馬」と「夏の上がり馬」で争われる牡馬クラシック3冠の最終戦。ダービー馬ワグネリアンは出走しないが、3/4馬身差の接戦を繰り広げた2~5着馬がそろって参戦する。一方、夏に新潟記念や佐渡Sで古馬を破った上がり馬たちも顔をそろえ、今年は近年にない大混戦となった。

 ラスト1冠を制するのはどの馬か。過去10年のデータでレース傾向を見てみたい(別表参照)。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1144文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです