メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

散歩日和

服部緑地(大阪府豊中市) 古今の営み 照らす秋空

秋晴れの下、来園者を迎える噴水彫像=大阪府豊中市の服部緑地で、玉木達也撮影

 深まる秋を楽しみつつ、大都会のオアシス、服部緑地(大阪府豊中市)を散策していると、思わぬ形で若き日の天皇、皇后両陛下と「遭遇」した。残り約半年となった「平成時代」。最近はこの30年を振り返る報道が多いが、昭和時代にさかのぼり、戦後復興の象徴でもあった、両陛下の慶事の記憶が市民の憩いの場にしっかりと刻まれていた。

 大阪・梅田から電車に揺られ十数分。緑地公園駅を降り緑道を歩いて5分もすると、服部緑地の東中央広場に…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1438文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです