メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旅ゆけば漁師町

香住(兵庫県香美町) 荒波が育む魔性の味覚

香住ガニ=林宏樹さん撮影

 日本海の荒波が作り出した雄大な景色が続く但馬海岸。そのほぼ中央に位置するのが香住漁港だ。

 香住と聞けば、松葉ガニ(ズワイガニ)を連想する方も多いだろう。毎年、解禁日は11月6日。18日には香住漁港西港で、恒例の「かすみ松葉がにまつり」も予定されている。

 「解禁日前に香住へ?」と思われるかもしれないが、関西では香住漁港でのみ水揚げされ、香住ガニの異名を持つベニズワイガニは、9月1日が解禁日。漁期が5月31日までで、3月20日までの松葉ガニよりも長く、値段も比較的お手ごろだ。

 香住漁港東港にある「香美町立ジオパークと海の文化館」に立ち寄ると、松葉ガニと香住ガニの漁法の違いが…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです