メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 郷さくら美術館(東京都目黒区) 日本画で一年中お花見 /東京

 中目黒駅からほど近い目黒川沿いの住宅街に2012年3月開館した。昭和以降に生まれた作家の現代日本画を紹介する美術館で「日本画を世界に発信したい」とのオーナーの思いから、美術館名に日本の代表する花である「さくら」を入れた。目黒川沿いは桜の名所でもあり、花見客にも知られるようになった。

 2階の展示室では「桜百景」と題した常設展を開催。コレクションから満開の桜を描いた作品を展示し、来館者が「一年中お花見が楽しめる」ようにしている。

 展覧会は四季に合わせて開催している。毎年3~5月に開かれるコンペティション形式の展覧会「桜花賞展」…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文731文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです