メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東山遺跡

建物2遺構 幅小さく、役割は実務的か 甲賀 /滋賀

東山遺跡の第3次調査で発見された2棟の建物跡(上が北)。人が立っている場所が柱跡にあたる=滋賀県甲賀市信楽町の東山遺跡、同市教委提供

 奈良時代中期に聖武天皇(701~56年)が造営した紫香楽宮(しがらきのみや)跡の関連遺跡とされる甲賀市信楽町黄瀬の東山遺跡で、南北方向に伸びる建物2棟の遺構が新たに発見された。紫香楽宮か、同時期に創建された甲賀寺に関する実務的な役割を担った建物とみられる。【礒野健一】

 同遺跡では昨年の第2次調査で、ひさしを持つ南北約27メートル以上、東西約15メートルの大型建物跡が見つかり、大仏建立に関わる儀礼的な建物の可能性が示唆されていた。今年5月からの第3次調査は大型建物の規模や役割を調べるため、建物から西約100メートル付近を中心に発掘調査し、南北方向…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです