メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
全国水源の里シンポジウム

舞鶴で初開催 講演や事例紹介 来月1、2日 /京都

 少子高齢化・過疎化の進む農山村の再生を考える「全国水源の里シンポジウム」(実行委主催)が11月1、2日、舞鶴市で開催される。「農山漁村と都市の未来~これからの共生のカタチ」と題し、全国の自治体関係者や住民、研究者らが「川の流域」として地方と都市が広域連携する振興策などについて話し合う。

 シンポは2007年10月、綾部市で第1回が開かれた。同市が限界集落を「水源の里」と名付け、農林業を通じて水源を守り、国土保全や環境面で重要な役割を果たすよう支援している例を紹介。…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. 責任能力ない男性の突き飛ばし事件 両親の監督義務なし 遺族の賠償請求棄却 大分地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです