地方議員年金

「復活論」 成り手不足解消へ 「優遇」批判、再燃も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2011年に廃止された地方議員年金を事実上復活させる議論が、政府・与党内にくすぶっている。地方議員の待遇向上で成り手不足の解消を目指すとともに、来年の統一地方選や参院選対策として地方議員への「配慮」を示す狙いだ。しかし国民への公的年金給付が抑制される中、新たな公費負担には「議員優遇」批判も再燃しかねず、一筋縄ではいきそうにない。【村尾哲、竹内望】

 地方議員年金を巡っては石田真敏総務相が、5日の報道各社のインタビューで「復活してもいい」と口火を切った。自民党の萩生田光一幹事長代行も、10日の記者会見で「セーフティーネットとしてはあってもいい。必要であれば検討に値する」と呼応した。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文892文字)

あわせて読みたい

注目の特集