メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総務省

巨大ITの規制議論 個人情報保護課題に

 総務省は18日、インターネット上で情報通信の基盤(プラットフォーム)を提供する巨大IT企業への規制の在り方などを検討する研究会の初会合を開いた。同企業が大量に収集している個人情報の保護をいかに徹底するかなどが検討課題で、対応策などを盛り込んだ中間報告を来年春にもまとめる方針だ。

 基盤を提供する企業は「プラットフォーマー」と呼ばれ、検索サービスなどを行う米グーグル▽スマートフォンの米アップル▽会員制交流サイトの米フェイスブック▽電子商取引の米アマゾンが有名。4社の頭文字をとり「GAFA(ガーファ)」と呼ばれている。

 プラットフォーマーは年々、世界的に存在感を高めている。このため欧州などでは個人情報保護の規制を強化する動きもあり、総務省も弁護士や大学教授、消費者団体の関係者らが参加する研究会で規制の在り方などを検討することにした。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです