メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総務省

巨大ITの規制議論 個人情報保護課題に

 総務省は18日、インターネット上で情報通信の基盤(プラットフォーム)を提供する巨大IT企業への規制の在り方などを検討する研究会の初会合を開いた。同企業が大量に収集している個人情報の保護をいかに徹底するかなどが検討課題で、対応策などを盛り込んだ中間報告を来年春にもまとめる方針だ。

 基盤を提供する企業は「プラットフォーマー」と呼ばれ、検索サービスなどを行う米グーグル▽スマートフォンの米アップル▽会員制交流サイトの米フェイスブック▽電子商取引の米アマゾンが有名。4社の頭文字をとり「GAFA(ガーファ)」と呼ばれている。

 プラットフォーマーは年々、世界的に存在感を高めている。このため欧州などでは個人情報保護の規制を強化…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文653文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです