メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤いダイヤ

未来産業最前線 自動運転技術、急伸 中国「日米欧超えた」(その2止)

1年前に更地だった雄安新区=中国・河北省で、赤間清広撮影

 

IoTで構築、実験都市 更地に出現、未来の街角

 北京から高速道路で約2時間。1年ぶりに訪れた「雄安新区」は激変していた。広大な更地に建機が置かれているだけだった一角に「市民サービスセンター」が誕生。センター内に無人コンビニがオープンし、ロボット配送車が行き交うなど、さながら未来都市だ。

 雄安新区の建設が発表されたのは昨年4月。トウ小平氏が1980年代に手がけた深センや、江沢民元総書記が90年代に主導した上海浦東地区は中国経済の中心になった。一方、習近平国家主席が指揮する雄安新区は学術研究型都市を目指す。

 現在の開発面積は100平方キロ(最終的には約2000平方キロ)。もともと畑が広がっていた田舎だけに…

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文2072文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです