メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

建設アスベスト訴訟 国が10連敗 政治主導で早期解決を=大島秀利(大阪編集局)

 建設作業でアスベスト(石綿)を吸引した被害の賠償を求める全国各地の建設石綿訴訟で、国の責任を認定する判決が先月20日の大阪高裁で10回連続に達し、この判決で石綿建材メーカーの責任認定も2回連続の5回目となった。 国とメーカーの責任を認める判決の枠組みがほぼ固まったと言えるが、両者は上告した。政府は裁判中に原告患者の半数が亡くなった現実や司法判断の流れを直視し、政治主導で早期解決を図るべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2008文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  2. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  3. 少年野球のバス、土手から転落 19人が軽いけが 福岡・うきは市

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです