特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

建設アスベスト訴訟 国が10連敗 政治主導で早期解決を=大島秀利(大阪編集局)

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 建設作業でアスベスト(石綿)を吸引した被害の賠償を求める全国各地の建設石綿訴訟で、国の責任を認定する判決が先月20日の大阪高裁で10回連続に達し、この判決で石綿建材メーカーの責任認定も2回連続の5回目となった。 国とメーカーの責任を認める判決の枠組みがほぼ固まったと言えるが、両者は上告した。政府は裁判中に原告患者の半数が亡くなった現実や司法判断の流れを直視し、政治主導で早期解決を図るべきだ。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2008文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集