メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト

ミイラ発掘、続々 カイロ・アメリカン大 サリーマ・イクラム特別教授に聞く

各自の個性と向き合う魅力

 パキスタン出身のエジプト考古学者で、ミイラ研究の第一人者として知られるカイロ・アメリカン大のサリーマ・イクラム特別教授に「最新ミイラ事情」を聞いた。【聞き手・篠田航一】

 --興味深いミイラの発見が相次ぐ背景は?

 ◆いくつかの理由がある。まずミイラを解析する技術の向上だ。さらに、古代人の遺体に対する関心の高まりも大きい。生活環境が現代と異なる古代人の「死因」を特定することで、現代医学にも応用できるという考えだ。

 私が調べたミイラで印象に残っているのは、前立腺がんにかかっていたプトレマイオス朝時代のミイラだ。環…

この記事は有料記事です。

残り1147文字(全文1416文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです