メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

見えない手仕事=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 「手仕事」だとは感じていなかったものが、実はずいぶん人の手が入ってつくられていることを知ることがある。

 気仙沼ニッティングの編み手たちは、もともと主婦だった人も多いが、別の仕事に就いていた人もいる。彼女たちに、以前はどんな仕事をしていたのか聞くと学びが多い。

 ある編み手は、前職は食品加工会社の工場に勤めていて、コンビニ弁当をつくっていた。コンビニ弁当に「手料理」という印象はないかもしれない。実際、機械で弁当箱におかずを詰めていたそうだが、彼女の仕事は機械が詰めたおかずの重量を調整することだった。

 弁当の仕様はおかず別の重量まで定められており、たとえば一つの弁当で、卵焼きは15~17グラム、豚肉のしょうが焼きは15~20グラムなどと決められている。機械はその幅に収まるようにおかずを弁当箱に入れる。彼女の仕事は言うなれば、15~20グラムで入れられたしょうが焼きがぴったり15グラムになるように、肉を少し抜いて調整するような仕事だった。ぴったり15グラムにするのは、原価を抑えるためだろう。肉は…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです