第24回日韓国際環境賞

ホールアース自然学校/崔義昭・高麗大名誉教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東アジア地域の環境保全に貢献した団体・個人を表彰する第24回日韓(韓日)国際環境賞は、日本側がホールアース自然学校、韓国側が崔義昭(チェウィソ)・高麗大名誉教授に決まった。ホールアース自然学校は静岡県富士宮市を拠点に、子供が自然と親しむ教育活動から企業の社会貢献などを全国に広げ、年間事業費3億円の経済活動としても成功させたことが評価された。崔名誉教授は、微生物による水質浄化システムをカンボジアなど開発途上国に普及させる活動に取り組んでいる。合同表彰式は25日、韓国ソウルのプレスセンターで開かれる。

この記事は有料記事です。

残り3401文字(全文3653文字)

あわせて読みたい

注目の特集