メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第4部 誰と食べる?/6止 楽しい孤食、合理的な個食

韓国では3年ほど前から流行しだした「一人ご飯」を楽しむ韓国からの留学生で法政大4年の趙敏姫さん=東京都中野区で

 ●余裕ない韓国の若者

 一人で食事を取る「孤食」が、栄養摂取や心身の健康に影響するとして問題視される日本。海外ではどうなのか。

 「食べたい物を食べられるから一人は気にならない」。韓国からの留学生、法政大4年の趙敏姫(ジョミニ)さん(27)は時々、居酒屋で一人ご飯を楽しむ。ふだんはコンビニで買って家で一人で食べることが多いが、特に寂しさは感じない。友人も勉強やアルバイトで忙しく、集まるのは月1回ほど。「でも、私はちょっと変わってる方。韓国では一人で食べることを恥ずかしがる人が多い」と明かす。

 「私の世代では、一人で外食なんて考えられなかった」。2008年に来日した李禮圭(イイェギュ)さん(41)は、そう驚く。15年に日本で初めて一人で飲食店に入った時は、陰気で社交性のない人と思われないか気になって、食べ切れなかった。ところが3年ほど前から、韓国でも一人ご飯ができる店が増えていた。一人で食事やお酒を楽しむおしゃれな若者のドラマが人気を博し、孤食を意味する「ホンパップ」という言葉も登場。…

この記事は有料記事です。

残り2038文字(全文2485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです