メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
プロ野球

セCSファイナルステージ 広島4-1巨人 新井鮮やか、コイ王手 代打で千金同点打

【広島-巨人】八回裏広島2死二塁、代打の新井が左翼線に適時二塁打を放つ=いずれも平川義之撮影

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)は18日、第2戦が行われ、セ・リーグは広島(レギュラーシーズン1位)が巨人(3位)に4-1で逆転勝ちした。3勝(リーグ優勝による1勝のアドバンテージを含む)とし、日本シリーズ進出へ王手をかけた。19日の第3戦の予告先発は広島が九里、巨人が今村と発表された。

 ▽第2戦 マツダスタジアム(広島3勝)

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1492文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです