メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パーキンソン病

治療に高血圧薬、効果を確認 慶応大チーム

 神経細胞の異常で手足が震える難病「パーキンソン病」の治療に、高血圧に対する既存薬の成分が使える可能性が高いことを、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが発見した。患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、効果を確認したという。18日付の米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載された。パーキンソン病…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです