パーキンソン病

治療に高血圧薬、効果を確認 慶応大チーム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 神経細胞の異常で手足が震える難病「パーキンソン病」の治療に、高血圧に対する既存薬の成分が使える可能性が高いことを、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが発見した。患者由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、効果を確認したという。18日付の米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載された。パーキンソン病…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文411文字)

あわせて読みたい

ニュース特集