メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

ピロリ菌、除菌でがん予防-現状と課題 胃がんの8割が原因 土佐市民病院・田中院長らに聞く

 胃がんのリスクファクターであることをWHO(世界保健機関)が認めているピロリ菌。除菌によって胃がんを予防することができるが、抗生物質に耐性のある菌も出現している。土佐市民病院(土佐市高岡町甲)の田中肇院長(54)と、ピロリ菌感染症認定医の松岡正記・消化器センター長(56)に除菌の現状を中心に聞いた。

 --ピロリ菌はどのような細菌なのですか。

この記事は有料記事です。

残り2640文字(全文2812文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです