メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬・高崎

石灯籠の下敷きに、中学生死亡

 18日午後8時10分ごろ、群馬県高崎市上里見町の公民館敷地内にある稲荷神社で、近くに住む市立中1年、後閑匠海(ごかん・たくみ)さん(13)が、高さ2.8メートルの石灯籠(どうろう)から飛び降りて転倒した直後、灯籠の最上部の石が腹の上に落ちて下敷きになり、外傷性出血性ショックで約3時間後に死亡した。

 県警高崎署によると、落下した石は重さ約53キロ。後閑さんが最上部にある石に手をかけながら飛び降りたため、落ちたとみられる。

 後閑さんは午後8時ごろまで、週末に開催予定の祭りで披露する太鼓の練習に参加。大人が後片付けをする間、小中学生6人で鬼ごっこをして遊んでいたという。【鈴木敦子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです