メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

格闘技戦

KOできなければ、観客が審判 11月鹿児島で

ポーズを決める主催者の菊野さん=鹿児島市で2018年10月15日午後3時0分、林壮一郎撮影

 ノックアウトできなければ、観客が「審判」となり多数決で勝敗を決める--。そんな観客参加型の異種格闘技イベント「敬天愛人(けいてんあいじん)」が11月11日、鹿児島市の鹿児島アリーナで初開催される。格闘技の魅力を広めたいと主催し、選手としても出場するプロ格闘家、菊野克紀さん(36)=同市出身=は「コンセプトは親が子供に見せたい格闘道。観客と選手が一体になれるイベントを目指す」と意気込む。

 出場するのは、極真空手の有段者からモンゴル相撲の実力者まで国内外の男女22選手。試合は男性のみのトーナメント戦と、1試合だけの「ワンマッチ」があり、いずれも試合時間は3分間だ。ダウンやギブアップ、円形(直径8メートル)でロープがないリングから3回出るなどするとノックアウトとなる。勝負がつかなかった場合、観客が裏と表で色が異なるイベントのパンフレットを使い、勝ちと思う方の選手の色を頭上に掲げ「投票…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ禍で東京オリンピックは開催できるのか 首相の経済回復願望と「五輪ムードない」医療の危機

  2. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  3. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

  4. ORICON NEWS 第164回「直木賞」は西條奈加氏『心淋し川』 加藤シゲアキ受賞ならず

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです