メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

規制検討の研究会初会合 個人情報保護課題

最近の主な個人情報流出問題

 総務省は18日、インターネット上で情報通信の基盤(プラットフォーム)を提供する巨大IT企業への規制の在り方などを検討する研究会の初会合を開いた。同企業が大量に収集している個人情報の保護をいかに徹底するかなどが検討課題で、対応策などを盛り込んだ中間報告を来年春にもまとめる方針だ。

 基盤を提供する企業は「プラットフォーマー」と呼ばれ、検索や広告サービスを行う米グーグル(Google)▽スマートフォンの米アップル(Apple)▽会員制交流サイトの米フェイスブック(Facebook)▽電子商取引の米アマゾン(Amazon)が有名。4社の頭文字をとって、「GAFA(ガーファ)」と呼ばれている。

 フェイスブックの利用者は約22億人に上るなど、プラットフォーマーは年々、世界的に存在感を高めている…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです