メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大IT企業

規制検討の研究会初会合 個人情報保護課題

最近の主な個人情報流出問題

 総務省は18日、インターネット上で情報通信の基盤(プラットフォーム)を提供する巨大IT企業への規制の在り方などを検討する研究会の初会合を開いた。同企業が大量に収集している個人情報の保護をいかに徹底するかなどが検討課題で、対応策などを盛り込んだ中間報告を来年春にもまとめる方針だ。

 基盤を提供する企業は「プラットフォーマー」と呼ばれ、検索や広告サービスを行う米グーグル(Google)▽スマートフォンの米アップル(Apple)▽会員制交流サイトの米フェイスブック(Facebook)▽電子商取引の米アマゾン(Amazon)が有名。4社の頭文字をとって、「GAFA(ガーファ)」と呼ばれている。

 フェイスブックの利用者は約22億人に上るなど、プラットフォーマーは年々、世界的に存在感を高めている…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです