メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

猫駅長「りょうま」駅再開と乗客を待ち続ける

JR芸備線志和口駅のホームには、浸水した列車が取り残されている=りょうまを見守る会提供

 岡山県と広島県を結ぶJR芸備線は今年7月の西日本豪雨で浸水被害を受け、今も一部区間で運休が続いている。全面復旧は来年になる見通しでJR西日本は代替バスを運行。広島市安佐北区にある志和口駅では猫駅長「りょうま」(雄、推定13歳)が、人けのない駅舎で乗客を待ち続けている。

 りょうまは2010年ごろに同駅に現れた。人懐こい性格で駅の利用客や住民に可愛がられ、13年から非公認の駅長として勤務。インターネットや口コミで存在が広く知られ、全国から観光客が訪れるようになり、駅の利用客数も増えて周辺ににぎわいが生まれた。

 翌14年には住民らが地域振興に結びつけようと「りょうまを見守る会」を設立。りょうまが参加するイベン…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文750文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです