メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

籠池夫妻が著書「権力に負けぬ」と首相夫人批判

 学校法人「森友学園」の前理事長、籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=の妻諄子被告(61)=同=がこのほど、約300日に及んだ勾留生活を振り返る著書「許せないを許してみる」(双葉社)を出版した。大阪府豊中市で18日、取材に応じ「国家権力には負けたくない」と語った。

 諄子被告が勾留中、主任弁護人に宛てた手紙は400通を超える。そのうち4分の1程度を収めた。大阪拘置所での看守の言動や取り調べの検察官の態度を「理不尽」と告発する一方、家族の思い出や夫への愛情をつづっている。

 これまでの幼稚園運営については「教育に全力を注いだが、思い込みや思慮不足から間違った言動を取った」…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです