メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

プラスチックごみ保管増加 中国禁輸で行き場失い

 環境省は18日、中国がプラスチックごみの輸入を禁止した影響に関する調査結果を初めて公表した。プラごみを産業廃棄物として処理する業者を監督する都道府県や中核市などのうち、およそ4分の1が管内での保管量が禁輸前に比べ増加したと回答。禁輸で行き場を失ったプラごみの影響の広がりが浮き彫りとなった。

 中国はプラスチックの原料としてプラごみを世界各国から大量に輸入してきた。しかし、洗浄が不十分なごみが多く環境汚染が問題化したため、昨年末に禁輸へと方針転換した。貿易統計によると日本は、昨年まで年間約150万トン前後のプラごみを輸出し、その半数が中国向けだった。

 調査は8月に実施。38都道府県と産廃処理業の監督権限を持つ75市のうち64市から回答を得た。管内の…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです