メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

中2で強制不妊手術の男性「除斥不適用を」

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が国に3000万円の賠償を求めている訴訟の第2回口頭弁論が18日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった。約60年前の手術の違法性を巡り、民法が定める除斥期間が適用されて男性には賠償請求権がないと国側が主張したのに対し、男性側は「除斥期間を適用すべきではない」と述べた。

 訴えによると、男性は仙台市内の児童自立支援施設にいた中学2年の時、目的を知らされないまま不妊手術を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです