メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

中2で強制不妊手術の男性「除斥不適用を」

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、東京都内の男性(75)が国に3000万円の賠償を求めている訴訟の第2回口頭弁論が18日、東京地裁(伊藤正晴裁判長)であった。約60年前の手術の違法性を巡り、民法が定める除斥期間が適用されて男性には賠償請求権がないと国側が主張したのに対し、男性側は「除斥期間を適用すべきではない」と述べた。

 訴えによると、男性は仙台市内の児童自立支援施設にいた中学2年の時、目的を知らされないまま不妊手術を…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです