メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海保

小笠原の生命つなぐ急患輸送

海上保安庁のガルフV=東京湾で、米田堅持撮影

 海上保安庁の航空機が、小笠原諸島(東京都)の急患輸送の一翼を担っている。急患として運ばれた患者、輸送を担う海保のパイロットや整備士、特殊救難隊員らに現状を聞いた。【米田堅持】

自衛隊と海保連携の急患輸送

 小笠原には空港や飛行場はないが、同諸島の父島には海上自衛隊の基地があり、飛行艇などの航空機による急患輸送も行われている。しかし、自衛隊だけではカバーしきれないこともあり、いったん、より距離の遠い硫黄島に運び、そこから海保の航空機で運ぶこともある。2016年は4件、17年は15件と伸び、今年は8月までに4件の急患輸送を行っており、16年より多くなる可能性が高い。

 海保で同諸島の急患輸送を担うのは、羽田航空基地のジェット機「ガルフV(ファイブ)」。海保の航空機の…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1093文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. 学校ストライキ 「行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです