メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海保

小笠原の生命つなぐ急患輸送

海上保安庁のガルフV=東京湾で、米田堅持撮影

 海上保安庁の航空機が、小笠原諸島(東京都)の急患輸送の一翼を担っている。急患として運ばれた患者、輸送を担う海保のパイロットや整備士、特殊救難隊員らに現状を聞いた。【米田堅持】

自衛隊と海保連携の急患輸送

 小笠原には空港や飛行場はないが、同諸島の父島には海上自衛隊の基地があり、飛行艇などの航空機による急患輸送も行われている。しかし、自衛隊だけではカバーしきれないこともあり、いったん、より距離の遠い硫黄島に運び、そこから海保の航空機で運ぶこともある。2016年は4件、17年は15件と伸び、今年は8月までに4件の急患輸送を行っており、16年より多くなる可能性が高い。

 海保で同諸島の急患輸送を担うのは、羽田航空基地のジェット機「ガルフV(ファイブ)」。海保の航空機の…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1093文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです