連載

「新潮45」問題を考える

性的少数者(LGBTなど)を「生産性がない」などと書いた杉田水脈衆院議員の寄稿や、それを擁護する特集に批判が集まった月刊誌「新潮45」の休刊が決まった。しかし、その背後には差別や人権、表現の自由など、根の深い問題が絡み合っており、波紋は広がっている。さまざまな立場からこの問題を考えている人たちに連続インタビューする。

連載一覧

「新潮45」問題を考える

「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安田浩一さん=小国綾子撮影
安田浩一さん=小国綾子撮影

 「新潮45」休刊問題では、LGBTなど性的少数者を「生産性がない」などと書いた杉田水脈衆院議員の寄稿や、それを擁護する文芸評論家、小川栄太郎さんらの寄稿が、性的少数者に対する「ヘイト」だと批判の声が高まる一方、「表現の自由」が優先されるべきだという意見もあった。ヘイトスピーチに詳しいジャーナリスト、安田浩一さんは「ヘイトとは何か、表現の自由とは何かを今一度、突き詰めて考えるべきだ。ヘイトを、単に『乱暴な言葉で相手を攻撃すること』と勘違いしていませんか?」と問いかける。安田さんの定義する「ヘイト」とは……。【聞き手・統合デジタル取材センター/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り4001文字(全文4280文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集