メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(11)「止められるか、俺たちを」で難役に挑む 門脇麦さんインタビュー

 東京・テアトル新宿ほかで絶賛公開中の若松プロの新作青春映画「止められるか、俺たちを」をもうご覧になっただろうか。連載企画「若松孝二とその時代」第11回は、本作で難役に挑んだ門脇麦さんのロングインタビューをお届けする。

 スクリーンからほとばしる当時の社会状況や映画に懸ける若者たちの情熱と葛藤……。若松プロに飛び込み、早過ぎる死を迎えた実在の女性助監督をモデルとする主人公「吉積めぐみ」役を演じた若手実力派は、1960、70年代という未知の時代のギャップを乗り越え、演技の醍醐味(だいごみ)を確実に感じたようだ。同時に、観客のターゲットを絞るなど商業主義を前面に出す昨今の映画製作ビジネスとは正反対の作り方についても「もの作りの原点を見ているような気持ちにさせてくれた作品」と振り返った。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4342文字(全文4691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです