メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
若松孝二とその時代

(11)「止められるか、俺たちを」で難役に挑む 門脇麦さんインタビュー

 東京・テアトル新宿ほかで絶賛公開中の若松プロの新作青春映画「止められるか、俺たちを」をもうご覧になっただろうか。連載企画「若松孝二とその時代」第11回は、本作で難役に挑んだ門脇麦さんのロングインタビューをお届けする。

 スクリーンからほとばしる当時の社会状況や映画に懸ける若者たちの情熱と葛藤……。若松プロに飛び込み、早過ぎる死を迎えた実在の女性助監督をモデルとする主人公「吉積めぐみ」役を演じた若手実力派は、1960、70年代という未知の時代のギャップを乗り越え、演技の醍醐味(だいごみ)を確実に感じたようだ。同時に、観客のターゲットを絞るなど商業主義を前面に出す昨今の映画製作ビジネスとは正反対の作り方についても「もの作りの原点を見ているような気持ちにさせてくれた作品」と振り返った。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り4342文字(全文4691文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  2. SNSで香港デモ巡り政治的対立あおる投稿繰り返したアカウント削除 中国政府関与の疑いも

  3. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです