メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

CJカップ・アット・ナインブリッジズ

[速報]松山は通算1オーバー44位タイに後退(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

CJカップ・アット・ナインブリッジズ 2日目

PGAツアー第3戦 CJカップ・アット・ナインブリッジズ/韓国 ナインブリッジズ

 済州島(韓国)で開催されているCJカップ・アット・ナインブリッジズ。日本人選手は松山英樹が出場している。松山は2オーバー74(パー72)とスコアを落とし、通算1オーバー44位タイに後退した。

MORE:CJカップ・アット・ナインブリッジズの最新スコアはここをクリック!

 松山は1アンダー11位タイで2日目を迎え、この日は10番ホールからスタート。12番パー5でバーディを先行させたが、13番パー3、14番パー4、15番パー4で3連続ボギーを叩き、前半を2オーバーで折り返した。

 後半に入っても悪い流れが止まらず、2番パー3と4番パー4をボギーとしたが、6番パー4と7番パー3で連続バーディを奪い、何とか持ち直した。

 結局、この日のスコアは3バーディ、5ボギーの2オーバー74。首位と10打差の通算1オーバー44位タイまで順位を下げた。

 今大会は招待選手78人のみの出場となっており、棄権や失格とならない限り最終日までプレーできる。

スコット・ピアシーが7アンダー65をマークし、通算9アンダー単独首位 Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images

 2日目終了時点で首位に立ったのは、スコット・ピアシー(米国)。2アンダー4位タイで2日目を迎え、7アンダー65でプレー。通算9アンダーまでスコアを伸ばした。

 首位と1打差の通算8アンダー2位に、出場選手の中で世界ランキング最上位(3位)のブルックス・ケプカ(米国)が浮上した。ケプカは1アンダー11位タイで2日目を迎え、7アンダー65でプレーした。

 首位と3打差の通算6アンダー3位に、初日首位発進のチェズ・リービー(米国)が続いている。

 前年覇者のジャスティン・トーマス(米国)は、1オーバー33位タイで2日目を迎え、2アンダー70でプレー。通算1アンダー22位タイにつけている。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  3. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  4. 訪日外国人「2030年に6000万人」の“リスク”

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです