メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

西日本豪雨 呉の晩稲、光り輝く

黄金色に輝く市原集落の棚田で、妻美恵子さん(右)と稲刈りをする西本正さん。奥にはこの付近を襲った流木などが残る=広島県呉市安浦町で2018年10月3日、小川昌宏撮影

 晩稲(おくて)の穂が西日を浴びて輝いていた。7月の西日本豪雨で、大きな被害を受けた広島県呉市安浦町の市原集落。至る所にがれきが残る小さな集落も、実りの秋を迎えた。

 豪雨は24世帯58人が住む集落の姿を変えた。7月6、7日と大規模な山崩れが起こり、市によると、7世帯が全半壊となり、消防団員ら3人が犠牲となった。道路が寸断されて一時孤立し、多くの住民が8日にヘリで救助された。

 今月上旬、あぜ道を歩くと、カエルやイナゴが飛び出し、実る柿やクリが秋を告げていた。集落に残った数少…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 虐待 乳児を真冬に20時間放置し凍傷 容疑の母逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです