メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

西日本豪雨 呉の晩稲、光り輝く

黄金色に輝く市原集落の棚田で、妻美恵子さん(右)と稲刈りをする西本正さん。奥にはこの付近を襲った流木などが残る=広島県呉市安浦町で2018年10月3日、小川昌宏撮影

 晩稲(おくて)の穂が西日を浴びて輝いていた。7月の西日本豪雨で、大きな被害を受けた広島県呉市安浦町の市原集落。至る所にがれきが残る小さな集落も、実りの秋を迎えた。

 豪雨は24世帯58人が住む集落の姿を変えた。7月6、7日と大規模な山崩れが起こり、市によると、7世帯が全半壊となり、消防団員ら3人が犠牲となった。道路が寸断されて一時孤立し、多くの住民が8日にヘリで救助された。

 今月上旬、あぜ道を歩くと、カエルやイナゴが飛び出し、実る柿やクリが秋を告げていた。集落に残った数少…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです