メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 京都11R・菊花賞 (日曜競馬)

距離歓迎、エタリオウ

 エタリオウはメジロマックイーンのような名ステイヤーに育つ可能性がある。1勝馬でも2400メートルのG2で2着2回。ダービーではメンバー中2位の上がりでゴール前4着まで追い上げた。ダービーでいい脚を使った1けた着順馬を狙うのが菊花賞のセオリーのひとつでもある。神戸新聞杯は468キロまで馬体を戻し、肌と瞳の輝きも春以上。2着に終わったものの、ダービー馬を相手に33秒9の末脚で0秒1差なら、本番への試走としては十分だ。M・デムーロ騎手も勝利への道が見えただろう。

 強敵はブラストワンピース。ダービーは勝負どころでのロスが響き5着だったが、調教で仕上げきれない弱さ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです