メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 京都11R・菊花賞 (日曜競馬)

距離歓迎、エタリオウ

 エタリオウはメジロマックイーンのような名ステイヤーに育つ可能性がある。1勝馬でも2400メートルのG2で2着2回。ダービーではメンバー中2位の上がりでゴール前4着まで追い上げた。ダービーでいい脚を使った1けた着順馬を狙うのが菊花賞のセオリーのひとつでもある。神戸新聞杯は468キロまで馬体を戻し、肌と瞳の輝きも春以上。2着に終わったものの、ダービー馬を相手に33秒9の末脚で0秒1差なら、本番への試走としては十分だ。M・デムーロ騎手も勝利への道が見えただろう。

 強敵はブラストワンピース。ダービーは勝負どころでのロスが響き5着だったが、調教で仕上げきれない弱さ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 衆院沖縄3区補選 屋良氏の初当選が確実 辺野古移設「反対」民意示す
  4. イオン春日部 新装オープン /埼玉
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです