メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 渡利・原発ADR 「被ばくへの不安、合理的」和解案の理由書提示 /福島

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島市渡利地区の住民約3100人が精神的賠償の増額を求めた裁判外紛争解決手続き(原発ADR)で、国の原子力損害賠償紛争解決センターが「被ばくに対する不安や恐怖を抱くことは合理的」とする和解案の提示理由書を示した。住民側弁護団が18日、発表した。住民側は既に出された和解案を受託している一方、東電側は拒否しているため、センターが理由書を示した。東電側の再回答期限は29日。

 ADRを申し立てているのは渡利地区住民の約2割に当たる1107世帯3107人。弁護団によると、セン…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文579文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  4. 宮城学院女子大、女性自認の学生入学可能に 私立で初

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです